良心的な体外受精の料金設定はどれくらい?

以下に記述したのは、私は患者さんからの資料や、ホームページ上の情報やベジママ 口コミなどをいろいろと調べ、体外受精を良心的な医療費でおこなおうと思った場合、「どのような料金を設定できるか」ということをモデルとして挙げたものです。

●卵胞を発育させ採卵までに必要な薬、注射,検査。

スプレキュアなどのGnRHアゴニスト1サイト……9000円(自然排卵をさせないための点鼻薬)。

hMG300単位(注射)……5000円(卵胞の発育促進剤)。

hMG-50単位(注射)……2500円。

hCG5000単位(注射)……700円(排卵誘発剤)。

hCG3000単位(注射)……600円。

E2(卵胞ホルモン)測定……2500円。

●体外受精当日(麻酔、採卵、精子調整、媒精):10万円。

·胚移植:3万円。

●胚盤胞:2段階胚移植等の追加培養,1万$2万円。

·胚凍結:2万円。

●凍結胚融解,胚移植:4万円。

·顕微授精:3万円。

●精子凍結保存(6か月以上の長期保存):1万円。

※成功報酬制度をとる医療機関も出はじめた。

しかし、体外受精の治療費に関しても新しい動きが見られます。

それは、「成功報酬制度」という考え方で、今後、体外受精の治療費は,この方向に進んでいくと思います。

成功報酬制度とは、これまで述べてきたように体外受精はいくつかのステップに分けて考えることができるのですが、達成された手技に対してのみ課金しようという流れです。

たとえば、排卵誘発をおこなっても採卵できないという場合が生じます。

そした場合には、排卵誘発の料金しか課金しない。

もしくは、排卵誘発を失敗したと考え、排卵誘発の料金そのものを請求しないという医療機関も出始めています。

これまでのように,成功しても不成功に終わっても、1回の体外受精につき40万円という医療では、だんだんとなくなりつつあるように思えますし、そうなってほしいと切に願います。

体外受精を受ける側に立って考えるならば、治療を考えている医療機関のホームページに料金表が掲載されているのかどうか,それをまずチェックしてみてください。

そして、その医療機関で実際に相談に行った場合、その料金表に明細がきちんと整理して書かれているのかどうか、ということもチェックしてみてください0また、厚生労働省が指導する形で、特定不妊治療費助成制度も始まりました。

これは所得制限がありますが、体外受精や顕微授精にかかる費用の一部を助成しようという制度で、年10万円を限度に通算2年(続けてでも隔年でも可)まで助成され,これを国と自治体が折半しようというシステムです。

IVFLesson12・医療費がはっきり明示されている医療機関を選ぶ。